企業間ポイント交換における資金移動が消費税の課税対象となるか否かが争われた税務訴訟

 当事務所は、企業が発行したポイントが他の企業のポイントに交換される際に、当該企業間での資金の移動が消費税の課税対象となるか(消費税法2条1項8号の「対価」となるか)が争点となった税務訴訟(大阪高等裁判所)において、納税… 企業間ポイント交換における資金移動が消費税の課税対象となるか否かが争われた税務訴訟 の続きを読む

相続放棄と空き家の管理義務

目次「空き家」の相続選択肢は「相続」or「相続放棄」の二択相続する場合相続放棄する場合⑴―次順位の相続人がいる場合相続放棄する場合⑵ ―次順位の相続人がいない場合まとめ 「空き家」の相続  親の相続が発生した場合、子は相… 相続放棄と空き家の管理義務 の続きを読む

納税保証書の真正成立について「二段の推定」を適用した裁決に対する批判的検討

目次裁決の要旨(令和2年7月1日裁決)何が問題なのか私文書の真正成立の推定と二段の推定審査請求=行政手続≠民事訴訟民訴法228条を適用するのが不適切な理由経験則を適用することは問題ない 裁決の要旨(令和2年7月1日裁決)… 納税保証書の真正成立について「二段の推定」を適用した裁決に対する批判的検討 の続きを読む

相続における法定単純承認事由(国税不服審判所令和2年4月17日裁決)

目次事案の概要裁決の概要熟慮期間法定単純承認法定単純承認事由:相続人が相続財産を処分したとき(本件金員の受領は「処分」か)「処分」とはなぜ 「相続財産の処分」が単純承認事由なのか「処分」の判断基準預金を払い戻して生活費に… 相続における法定単純承認事由(国税不服審判所令和2年4月17日裁決) の続きを読む

配偶者居住権の論点:配偶者と居住建物所有者の法律関係(賃借人がいる場合の法律関係について)

目次はじめに前提となる事例論点(誰が賃料を取得できるのか)配偶者居住権の内容既存の賃借人との関係もう一度論点を確認所有者説配偶者説私見わかりにくい配偶者居住権の規律 はじめに  令和2年4月1日施行の改正民法により、配偶… 配偶者居住権の論点:配偶者と居住建物所有者の法律関係(賃借人がいる場合の法律関係について) の続きを読む